片重りとは、姿勢差がかなり出た時に調整するテンワのバランスを取る作業の事です。

車のタイヤを交換した際にバランスを取る作業とある意味一緒ですね。

まず、縦4姿勢(振り角が約130℃前後くらい)で精度を測ります。

出た数値を元に作図。

この場合・・・
縦方向 -70-(-40)=-30
横方向 -110-(+30)==140  となるわけです。

IMG_2953.jpg



縦軸と横軸でそれぞれ進む(+)方向に印点。

IMG_2954.jpg


線を引いて

IMG_2955.jpg

その上にムーブを置いてテンワの一番軽い部分を探します。

IMG_2956.jpg


チラネジがある場合は近似の場所にチラ座をかませます。

IMG_2957.jpg

どのくらいかませるかは、修理師の腕の見せ所

というのは、ウソ
なんとな~くですよ。


この時計の場合はラッキーなことに調整用のマイクロスクリューの位置でした。

IMG_2958.jpg

ラッキー



ドライバーで調整して

IMG_2959.jpg

4姿勢差の調整完了

アンティークウオッチの修理はこの手の作業が日常です。

色々な修理方法がありますが、
当店ではチラネジを削ることはあまりしません。

何故なら、なるべくオリジナルを重視したいので・・・



ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
スポンサーサイト
 2017_05_29


Category: 海外話  

麺処 『 匠 』 です。

IMG_1517.jpg


何処にあるのかと言うと、ドイツのミュンヘンです。

IMG_1528.jpg

ミュンヘンでお会いする同業者さんから
「日本から食材を輸入し、スタッフも全員日本人だから
味は間違いないよ」と教えて頂きました。


数日間の滞在と言えども、日本の味は恋しくなるものです。
おまけにラーメン好きの友人バイヤーさんにこのお店の話をしたところ
「行こう 」 ということになり、
仕入を終えて、少し遅い昼食を食べに住所だけを頼りに初訪問することに。

IMG_1523.jpg


味噌と麺は北海道から空輸し、店員さんは全員日本人なので
本格的な味噌ラーメンが食べられます。

訪問したのは14時頃でしたが、店内は満席。
更に私達の前には2組、後には4組並んでいるほどの人気店。

「先ずは餃子でしょ」ということで、餃子を注文。

IMG_1520.jpg

残念ながら、ニンニクアレルギーの為、私は食べれませんでしたが、
お味は美味しかったそうです。


そして、こちらがお店イチオシの味噌ラーメン。

IMG_1521.jpg

食べようとしていたのを止めさせて写真を撮ったので
なんだか中途半端な盛り付けになってしまっていますが、
本来はキレイに盛り付けされています。
念の為 ・・・
お味は美味しかったそうですよ。


これまた残念ながら、味噌ラーメンにもニンニクが入っている為、
私が注文したのは醤油ラーメン。

IMG_1522.jpg

こちらのお味は普通でした


地元のドイツ人にもとても人気があるようで
店内は9割がドイツ人、残りの1割がアジア系の旅行客という感じの客層です。


お肉が苦手な人やヘルシー志向の方向けに
ベジ豆乳ラーメンなどの変わり種メニューもあります。

IMG_1518.jpg

意外と人気メニューのようで
お隣の席に座っていたカップルの女性はベジ豆乳ラーメンを食べていました。


店員さんに色々お話を伺ったところ、
連日お店の外まで列が出来るほど混みあってるんだとか。

確かに妙な日本もどき味のラーメンではなく、
本格的な日本の味噌ラーメンが食べれるので
人気があるんでしょうね。

日本では食べ終わったらさっさと席を譲って帰りますが、
ヨーロッパの方々は食べ終わってもお喋りに勤しむので
元々人気があって混んでる上に回転率があまり良いとは言えない為
待ち時間が長くなることを覚悟して行かれた方が良いかと・・・。

ミュンヘンに行かれた際、
ど~しても日本のラーメンが恋しくなったら
1時間くらい並ぶ覚悟で行ってみて下さい。




ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2017_05_28



以前、PAUL DITISHEIM の時計を紹介した際にも書きましたが、
私個人にとってPAUL DITISHEIM さんはとても思い出深い話があるんです。

何故思い出深いのかという話は
いつもブログをお読み頂いている方達は既にご存知でしょうから
今回は止めておきます。

私にとって、思い出深い話がいっぱいあるPAUL DITISHEIM さん

IMG_2981.jpg

仕入先で見つけると、ついつい手に取ってしまいます。

かといって、なんでもかんでも仕入れてくるわけではないですよ
細かくコンディションを確認し、機械が珍しい物を選びます。

日本で人気がある文字板の色と言えば
黒・白・クリーム色なので
そういう意味では人気がある文字板の色からちょっと外れていますが、

P5230237.jpg

実物を見ると、落ち着いた色味なので
アンティークの風合いがとてもよく出ているんですよ。

おまけにムーブが良いんです

緩急針は勿論スワンネック

P5230244.jpg


スイス製の機械では珍しく、

P5230245.jpg

香箱の軸受けに石が使われています。


更にケースにも特徴があり、ツーピース構造。

AQ-70 2

AQ-70(1).jpg

ムーブの取り外し方法は詳細ページをご参照ください。

http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/ca8/872/p-r-s/

一見すごくシンプルなデザインの懐中時計だと思われがちですが、
実際は色々と手の込んだ作りなんです。

ムーブの良さは懐中時計の魅力の1つです。



ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2017_05_26


気にして!

Category: 雑記  

早いもので、もう5月下旬・・・

あと2週間もすると関東地方は梅雨の季節を迎えます。
ジメジメして鬱陶しくて、嫌ですよねぇ~

これからの数か月間は湿度も気温も高くなって汗を掻く時期になりますが、
そうなってくると気になるのは時計の防水性ですよね

「そんなこと、気にしない!」と思った方、お願いですから気にして下さい。

数日前のブログは時計のブレスレットの汚れに関する内容でしたが、
汚れ同様、防水性に関しても気にしない方が結構多いんですよ。
困ったことに・・・

現行品の時計を購入した際のスペックに
『日常生活用防水時計』とか『〇気圧防水』とか書かれているので
購入後、何年経ってもず~っと防水が効いてると思ってる人が意外に多いんです。

まぁ 現行品に関しては販売時に販売員から
経年劣化で防水性が低下するという説明はされないでしょうから。
メリットは伝えるけど、デメリットは極力伝えない方が売れるチャンスが増えますからね



現行品の時計の防水は基本的には以下のように分類されます。

・非防水時計=WATER RESIST
・日常生活用防水時計=WATER RESIST W.R.
・日常生活用強化防水時計=WATER RESIST 5BAR~20BAR
・空気潜水時計=AIR DIVER'S 100m
・飽和潜水時計=HE-GAS DIVER'S 200m~1000m


防水 (SEIKOより)


大体の目安として説明すると

・3気圧防水
ちょっとした雨や手を洗ったり洗顔時に水滴が付いても大丈夫なレベル

・5気圧防水
水仕事や洗顔時に水道の水が直接かかっても大丈夫なレベル

・10気圧防水
水中に落としてしまったり、水上スポーツをする際に使用しても大丈夫なレベル

・30気圧防水
水泳をする時に使っても大丈夫なレベル

空気潜水時計と飽和潜水時計はダイバーズウォッチとして使える時計です。


多くの方がお持ちの時計は3気圧~5気圧防水の時計だと思います。
例え、購入時に「〇気圧防水」であったとしても
竜頭・裏蓋・風防周りに入っているパッキンの経年劣化だけでなく、
ケースや風防も経年劣化する為、防水性が保たれなくなります。

上記の表はあくまでも新品購入時の目安です。
ダイバーズウォッチの場合
1~2年に1度は防水検査をきちんと受けて使うことをお薦めします。
過信してプールや海に入ると
「アチャァ~」という結果になってしまうことも・・・


ちなみにアンティークウォッチは防水性が無いと思ってご使用下さい。
アンティークの腕時計も懐中時計も
1日身に付けたら、きちんと手入れをしましょう。
時計本体もブレスや革バンドも
お手入れをする習慣を身に付けて使って頂くと
お気に入りの大切な時計を良いコンデションで使うことが出来ますよ



ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2017_05_25


ハカマ

Category: 時計修理  

針のハカマの作製です。

IMG_2951.jpg


この光景、もう何度も見てますよね

もしかして、見飽きちゃいました???


確かに変わり映えしない光景ですが、

アンティークウオッチの修理をしていると

こういう作業は日常作業の工程の1つ。

見飽きたと言われてしまうとツライです


ほんのちょっと大きかったので・・・

IMG_2961.jpg

ハカマをかしめます。

IMG_2966.jpg



サイズが丁度良いかどうか、確認。

IMG_2969.jpg


時計が特定出来ないように、ちょっとモザイクをかけてみました。

最近、色々とメンドーなことがあるので・・・

でも、このアングルで針を着けてる箇所だけを

どうにか見えるようにモザイクをかけるのってムズカシイですね

ところで、ハカマですが、出来に納得がいかず

この後、もう1度作製し直しましたよ。

しっかりと




ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2017_05_24




04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ダイワ時計店

Author:ダイワ時計店
有限会社 ダイワ時計店
神奈川県厚木市中町3-11-17
HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/
ショッピングHP:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/

今週の時計

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




PAGE
TOP.