fc2ブログ

ダイワ時計店スタッフブログ

スタッフによる時計紹介・修理雑記

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

お弁当 

ドイツ南西部の都市、Stuttgart
黒い森と呼ばれる地域にある街です。
何故、黒い森と呼ばれるのかというと
東西20~60㎞、南北160㎞に亘ってもみの木などの針葉樹が群生している為
遠くから見ると黒っぽく見えるから。

Stuttgartは長年お付き合いがあるバイヤーさんやパーツ屋さんが住んでおり、
黒い森地域にある時計学校では年に1度、フェアがあるので
時々訪問する地域です。

随分昔、パリの駅で販売されていた駅弁の話を書きましたが、
(このブログ→ https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=3988
以前に比べて今ではいろ~んな街で日本料理屋さんを見かけるようになりました。

こちら、Stuttgartの街中にある和食&お弁当屋さん。

IMG_4691.jpg

人気があるようで、ランチタイムに通ると
お客さんが結構いらっしゃいます。

IMG_4695.jpg

こちら、ランチメニューのボードです。
今や外国でもど定番人気和食と言えば、お寿司

IMG_4693.jpg

ラーメン&お寿司という欲張りなセットメニューも。

そして、こちらのランチメニューですが、
写真がイマイチ見づらいので、左上からメニューのご紹介を。

IMG_4692_20240318083823f2d.jpg

上段左、鮭照り焼き弁当、上段右、チキン照り焼き弁当
2段目左、鶏のから揚げ弁当、2段目右、チキンカツ弁当。
3段目からはラーメンのメニューになるのですが、
ちょっと気になる点が・・・
取敢えず、3段目左がチキンラーメン、右が牛肉ラーメン、
下段左が餃子ラーメン、右が野菜ラーメンです。

で、何が気になるのかというとラーメンに餃子がのっている事。
何故か、チキンラーメンと牛肉ラーメンにも餃子がのっかっています。
うぅ~ん なんでだろう???
おまけに紅生姜ものってるし。
餃子と紅生姜とワカメって、なかなかの取り合わせですよね。

日本ではなかなか目にしないメニューを見ると
「ちょっと不思議な海外あるあるだなぁ~」と思います。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:https://daiwatokeiten.com/
ダイワ時計店 facebook
ダイワ時計店 Instagram
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: 海外話

[edit]

Posted on 2024/04/14 Sun. 11:00    TB: 0    CM: 0

Baumkuchen 

バームクーヘンはお好きですか?

日本ではバームクーヘンは人気のケーキの1つですよね。
私も大好き。
スイーツの中で1番好きです。

Baumkuchenの発祥の地と言えば、旧東ドイツの小さな田舎町 Salzwedel。
原型は紀元前のギリシアで、
木の棒にパン生地を巻きつけて焼いたオベリアスという物だと言われています。
以前、ブログで紹介したチェコの伝統的スイーツ TRDLOのような感じなのかな。

DSC_1312.jpg

Baumkuchenはドイツ発祥ですが、
実はドイツではマイナーなスイーツで、知り合いのドイツ人バイヤーさん達に訊いても
全員揃って「ん? 何?」という反応しか返って来ません。
それほど知名度が無いんです。

でも、人間の『欲』って凄いんですよね。
今から10数年前、どうしても本場のBaumkuchenが食べたくて
自力で探し出しました。
当時はまだスマホがそんなに普及していなかった為
GoogleMapを気軽に使える状況では無かったのですが、
旧市街を探し回って辿り着いたお店がこちら。

IMG_7434_20230730112548d87.jpg

今では有名なようで、訪れると日本人観光客が沢山いらっしゃいます。
観光客のテーブルには英語メニューが渡されるのですが、
何故か、毎回ドイツ語メニューを渡されます。
観光客のようにオシャレな格好をしていないからなのかな?

IMG_7448.jpg

メニューの表紙を開くとお店の歴史が書かれています。

IMG_7442.jpg   IMG_7438.jpg

という事で、プレーンとチョコレートコーティングされたBaumkuchenがこちら。

IMG_7445.jpg

写真を見て、何か気になりませんか?

IMG_7447.jpg

日本でバームクーヘンを食べる時って
こんな風に薄~くスライスしませんよね?
どうやらドイツではこの切り方が定番のようで
バウムクーヘン・シュピッツェンと呼ばれています。

バームクーヘンってどんな風に切って食べますか?
私は1層ずつ剥がして食べるのが好き。
勿論、お外では剥がして食べませんが、
自宅で食べる時は1層ずつ剥がしながら食べています。
お行儀が悪いけどね。

本場のBaumkuchenお味は
日本のバームクーヘンとは違って、甘みが抑えめで、かなりパサパサした感じ。
美味しいかどうかと訊かれたら、どうだろう???
あきらかに日本でよく食べられているバームクーヘンとは別物です。
その為、日本のバームクーヘンをドイツ人にプレゼントすると
「美味しい♪」と喜ばれます。
本場の味を超えているってなんかちょっと複雑だけど・・・
でも、それくらい日本で作られているバームクーヘンって
しっとりしていて、美味しいんですよね。

羽田空港から出発する時は必ず治一郎のバームクーヘンを持って飛び立ち、
帰る際には本場のBaumkuchenを持ち帰ります。

IMG_7472.jpg

ちなみにBaumkuchenって木のお菓子という意味です。
Baumが木で、kuchenお菓子。

Baumkuchen発祥の地のSalzwedelへは
ハンブルグから特急電車で1時間30分、ベルリンからだと1時間40分くらいだそうです。
工場見学が出来るお店があるみたいですよ。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:https://daiwatokeiten.com/
ダイワ時計店 facebook
ダイワ時計店 Instagram
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: 海外話

[edit]

Posted on 2024/04/07 Sun. 11:00    TB: 0    CM: 0

Synagogue 

1270年頃に建てられ、中央ヨーロッパ最古のシナゴーグ
『 Old New Synagogue 』

IMG_8212.jpg

初期ゴシック様式で世界的にも貴重なユダヤの建物で
内部には15世紀に作られたゴシックの鉄格子や鉄のシャンデリアがあり、
説教壇は鉄格子の奥にあります。

IMG_6741 (1)

古い部分と16世紀に建て増しされた新しい部分の2つから成り立っている為
『新旧』なんだそうです。

IMG_6739 (1)

モーゼの5冊の書物が安置されていたり、
裏部屋にはゴーレムが眠っているという伝説もあったり。
数々の伝説があり、今現在も礼拝がされているシナゴーグです。


そして、プラハで2番目に古いシナゴーグと言えば
『 Pinkasova Synagogue 』

IMG_6743 (1)

旧ユダヤ人墓地の南側にあり、
15世紀後半、ラビ(司祭)ピンカスによって建てられましたが、
その後、何度か改築を行い、
今現在の建物はユダヤ人銀行家のアハロン・メシュラム・ザルマン・ホロヴィッツ氏の資金提供により、
1535年に建てられたものです。

IMG_6745.jpg

シナゴーグ内の壁一面には
チェコのホロコースト犠牲者の名前が刻まれています。

IMG_6744 (1)

ナチスによって殺害された約8万人のユダヤ人の名前と
亡くなった場所、生没月日が記されています。

IMG_6748.jpg

また、テレジン強制収容所に

IMG_6751 (2)

収容されていたユダヤ人の子供達が1942年~44年に描いた絵や

IMG_6755.jpg

彼らが持っていた物などが

IMG_6752.jpg  

名前、生年月日、亡くなった日(もしくは生存)などと共に

IMG_6753 (1)

飾ってあります。

IMG_6749.jpg

当時1万人ほどの15歳以下の子供達が収容されており、

IMG_6750 (1)

生き残ったのはごくわずかだったそうです。

小さい頃、アンネ・フランクの本が大好きでよく読んでいた為、
プラハ滞在時、どうしても行きたくて
仕入れの合間の時間にPinkasova Synagogueを訪問。
なかなかシナゴーグを見学する機会が無いので
色々と思う事があり、勉強になりました。

プラハを訪問した際には是非。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:https://daiwatokeiten.com/
ダイワ時計店 facebook
ダイワ時計店 Instagram
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: 海外話

[edit]

Posted on 2024/02/25 Sun. 11:00    TB: 0    CM: 0

Bed bug 

今年、Parisではオリンピックが開催されますが、

IMG_6127.jpg

そのパリでは以前からベットバグが流行っていることをご存じですか?

Bed bugとはトコジラミ(南京虫)の事で
去年は韓国でも大流行していたようですが・・・

皆さんはホテル滞在時にベットバグ対策をしていますか?

渡欧時、ホテルに滞在する機会が多くなる為
部屋に入ったら先ず真っ先に色々な場所をチェックします。
本当は長旅で疲れ果てているので
荷物をソファなどにポンッと置いて、ベットにダイブしたいのですが・・・
その衝動を押し殺し、必ずベットバグ対策を。

トランクなどの荷物は取敢えず部屋の入口か、バスルームへ置いたまま
真っ先に調べるのはベットの四隅。
綺麗にセットされているシーツを思い切りよく捲り、
マットレスの四隅をよ~くチェックします。
特にマットレスの折り返し部分や縫い目を入念にチェック。
そこに黒っぽいシミがあったら・・・
ヤツの置き土産なので、部屋の中にいる可能性大。
ベットバグは5㎜程の大きさで、茶色っぽい色なので、目視で発見する事も出来ます。

お次はカーテンとソファー。
そして、ウッカリしがちなのがトランクを置くBaggage Rack。
Baggage Rackってこういう感じのスタンド。

Baggage Rack

表面だけでなく、裏側もしっかりチェックしましょう。

ベットバグは布製品に付いている事が多いので
ホテルの部屋にある布製の物はひと通りチェックした方が良いです。
万が一、ヤツが居る痕跡があった時は
ホテルのフロントに伝えると部屋を交換してもらえます。

ちなみにパリ在住の友人は電車に乗っている時、座席に座らないそうです。
ナイロン製などの表面がツルツルした素材の長いコートを着ている時だけは
座る事もあるとか。
家に持ち込んだら駆除が大変なので、徹底的に対策をしていると話していました。

ベットバグが流行っている地域へお出掛けの際にはお気を付け下さい。

それから、ホテル滞在時にはハッカ油の入ったスプレーを持って行くのもお薦めです。

IMG_8080 (1)

虫よけとして使えますよ。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:https://daiwatokeiten.com/
ダイワ時計店 facebook
ダイワ時計店 Instagram
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: 海外話

[edit]

Posted on 2024/02/04 Sun. 11:00    TB: 0    CM: 0

Konstanz 

スイスとの国境のドイツの西南端にBodensee(ボーデン湖)があります。
その西端にあるKonstanz

IMG_2747.jpg

ちなみにボーデン湖はヨーロッパで3番目に大きい湖で、
ドイツ人に訊くと人気があるリゾート地なんですって。

ドイツには〇〇街道と呼ばれる観光コースがあり、
古城街道、ロマンティック街道、メルヘン街道、エリカ街道、
ゲーテ街道、アルペン街道、ファンタスティック街道の7コース。
コンスタンツはファンタスティック街道の南の起点になる街です。

Zurich駅から電車で1時間半程で行けるので意外に近いんだけど
なかなか行く機会も用事もなかったのですが、
そんなある日、お世話になっているバイヤーさんから食事に誘われ、
待ち合わせ場所で待っているとバイヤーさんから
「パスポート、持ってる?」と訊かれました。
勿論、常に持っているので「持っていますよ」と答えたら
「それなら大丈夫」と言われ・・・

一体何処へ行くのか知らされぬまま連れていかれた先がKonstanzでした。

到着後、軽~く街中を散策。
こちら、マルクト広場にある皇帝の泉

IMG_2746.jpg

1897年に造られた泉で、周りには3人の皇帝がいます。
それぞれ誰なのかというと・・・ 
バイヤーさんが何やら説明してくれましたが、忘れちゃいました

そして、何故わざわざKonstanzまで行ったのかというと
実はバイヤーさんの親族がこの街でレストランを経営しているから。
そのレストランにご招待頂いたというわけでした。

行先を知らぬまま、何処かへ連れていかれるのは
普通ならかなり不安になりますが、
長年の付き合いのバイヤーさん相手だと安心。
他のバイヤーさん達からも目的地を教えられぬまま、
知らぬ場所へ連れていかれるという事が何度かあります。
とはいえ、食事をする為だけに国境を跨ぐ事はあまり無いけど。

Konstanzは春~夏にかけて訪れると良い場所のようです。
機会があれば是非行ってみては如何でしょう?

ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:https://daiwatokeiten.com/
ダイワ時計店 facebook
ダイワ時計店 Instagram
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: 海外話

[edit]

Posted on 2024/01/21 Sun. 11:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード