理論本

Category:  

7月も今日が最終日。
ゾッ とします。
1か月が過ぎ去るのが早過ぎて・・・


4日前に痛めた首は相変わらず動かないまま。
一昨日、整形外科に行きましたが、
診察時に医者に首をグキグキと無理やり動かされた結果、
更に痛みが増し、動かなくなりました。
そのせいで首~肩にかけて湿布だらけ・・・
すっごく痛いです



こんな状態なので、頭痛はするやら吐き気もするやらで
いつも以上に集中力がありません。

そんな状態の私の元にこんな本が届きました。

機械式時計の理論

読もうと思って開いたものの、
計算式がいっぱい・・・

スミマセン・・・ 
瞬時に閉じちゃいました
集中力が全く無い時に読んでも
サ~ッパリ理解出来そうにない難しい内容なもんで・・・

いつか気力が湧いたら、再チャレンジします。




ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

スポンサーサイト
 2016_07_31



体調は大分マシになってきましたが、
いまだ水分以外は摂れず、食欲もない為
点滴やら、採血やらで、両腕に青タンが・・・
長袖を着ている季節で良かったです。



巷は空前の猫ブームなんだとか。
個人的には猫アレルギーの為、ちょっと苦手なんですけどね


重松清氏著の『ブランケットキャット』

ブランケットキャット


子猫の頃から慣れ親しんだ毛布とともに
2泊3日でレンタルされるブランケット・キャット。
その毛布されあれば、どこに居ても落ち着いて眠ることができ、
3日間限定の飼い主が望む通りのペットとして過ごせるように
躾された猫達の物語です。

父親がリストラされた家族、
子どもが居ない夫婦、
いじめに直面した息子と両親、
25歳のフリーターと派遣社員の彼女、
介護施設に入居する祖母の為に最後の家族団欒をする家族、
長年勤めた大好きな会社の資金を横領した女性、
母親に会うために冒険する幼い兄妹 etc
明日という日が揺らいだ人達に
猫が贈った温もりと小さな7つの光の短編集です。

さすが、重松さんだなぁ~と感じます。
どの物語も心が温まり、希望が持てるラストで終わります。



ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2016_02_07



日々黙々とパーツの仕分作業に勤しんでます。
この手の細かい作業は好きですが、
さすがにこれだけ長期間になると飽きてきます。

まずはこの状態から
IMG_1621.jpg
大きめのパーツを先に取り出して仕分。

その後はひたすらネジの分類。

こんな小さなネジばっかり見てると
IMG_1736.jpg
寄り目になって焦点が合わなくなります。
写真の焦点も合ってませんが・・・


作業途中に何度も
「もうこのくらいの仕分でいいんじゃない?」と思う瞬間がありますが、
やっぱりきちんと分けておいた方が
後々探す際は絶対に楽ですからね。



肩は凝るし、目が疲れるので、読書が思うように進みません。
先日やっと読み終わった山本幸久氏著『パパは今日、運動会』
パパは今日、運動会


来年50周年を迎える五反田にある社員200人ほどの文房具会社「カキツバタ文具」が
創業以来初の社内運動会を開催。
ノリはイマイチで、「こんなことするくらいなら金をくれ」というのが社員達の本音。
だったはずなのに・・・
何故か大盛り上がり。
いい年をして独身寮にいる名物男、社内の嫌われ者のおべっか男、
ヨン様ばりのモテモテ男、「ママ」の異名をもつ色っぽい社長秘書、ベランベイの姉御肌etc
平凡な会社のはずが、実は強烈なキャラ揃い。

初めはブツブツ文句を言っていたのに
仕事仲間達の新たな一面を垣間見る機会となり、
最終的には運動会によって一致団結。

山本幸久氏らしいホンワカとした物語です。

疲れてる時は頭を使わず、ハラハラドキドキもせず、
安心して読める物語が1番落ち着きます。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2015_07_05



東野東吾氏著『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

ナミヤ雑貨店の奇蹟


昔、ある町にあらゆる悩みに対して
相談にのってくれる不思議な雑貨店がありました。
孤児院育ちの3人組が泥棒をし、逃走途中に車が動かなくなり、
仕方なく逃げ込んだ古い家が
ナミヤ雑貨店だったことから物語は始まります。

彼らが夜明けを待ってると
すでに廃業している店舗の郵便受けに突然手紙が投函され、
戸惑いながらも返事を書いたところ、更に不思議な出来事が続き・・・

ナミヤ雑貨店と、人生最大の岐路に立った人達とが
過去と現在で奇妙な手紙交換をし始めます。


タイトルの通り、それぞれの物語に伏線が張り巡らされている奇蹟の物語です。
物語最後の「白紙の手紙」への返事が素敵なファンタジー満載のお話です。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2015_06_07



GWはいかがでしたか?

世の中には4月25日~5月10日までお休みで
最長16日間休暇という会社もあるようで・・・
羨ましい限りです。
でも、それだけ休むときっと休み明けの仕事初日は辛いでしょうね。


当店はいつも通りの営業で、いつもと変わりなく修理漬けでした。
頑張ってるのですが、なかなか・・・ね。
納品までにお時間頂いてスミマセン。




五十嵐貴久氏著『南青山骨董通り探偵社』
南青山骨董通り探偵社

日本最大の自動車メーカーに入社して3年が経過した主人公・井上雅也。
営業部に配属され、「全員が敵」という環境の中、
うだつが上がらず、成績もノルマギリギリの雅也は
1年前から人事部に他部署への移動を申請し続けるもいまだ叶わず。
そんな時、ハンバーガーショップでランチをしていると
見知らぬ男から「私立探偵になる気はありませんか?」と唐突なスカウトを受ける。
訝しみながらも興味本位で昼は本職の営業マンの仕事をしながら
夜はアルバイトとして南青山骨董通り探偵社に体験入社してみることに。
気楽な気持ちで行ってみたら、途端に厄介な事件に巻き込まれ・・・

テンポ良く、話が進んでいくので、一気読みでした。


同氏が書いてる『吉祥寺探偵物語』とはまた違った感じの物語です。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2015_05_07




09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ダイワ時計店

Author:ダイワ時計店
有限会社 ダイワ時計店
神奈川県厚木市中町3-11-17
HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/
ショッピングHP:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/

今週の時計

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




PAGE
TOP.