FC2ブログ

気温差

Category: 雑記  

お寒うございます。
冬だから仕方が無いのですが、
末端冷え性の身としては
足が冷えて、頻繁に指が攣ってしまうので困っております


さて、気温差の影響を受けるのは人や動植物だけではなく、
時計にも影響があるんです。

以前、ヒゲゼンマイのことをブログで書きましたが、
機械式時計の精度にとって重要な部品の1つがヒゲゼンマイです。

ヒゲゼンマイ

このヒゲゼンマイ、髪の毛よりも細~い金属で作られています。
その為、特性として
温度変化によって伸縮する為
精度に影響が出ることがあるんです。

IMG_3449.jpg

分かりやすいイラストですね。

鉄道好きな方から聞いて「なるほど」と思ったのですが、
電車のレールも夏場は隙間が無くなり、冬場は隙間が出来ますよね。
ヒゲゼンマイもそれと一緒

冬場の寒い地域では進みがちになりますよ。
どなたか、北極圏に行って実証実験してくれないかしら


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
スポンサーサイト



 2020_01_16


時計の写真

Category: 雑記  

アンティークウォッチの文字板を確認する時に色々な道具を使います。

先ずは、全体的な目視、キズミを使い細かな部分の確認。

更に顕微鏡を使い非常に細かな部分の確認します。

20191224.jpg

最近、チェック項目にデジタルカメラの画面にグリッド線を出して水平や位置関係のチェックを増やしました。

違和感ある物はリ・ダンの可能性があると疑いますが、アンティークの時代では純正でズレや傾きがあったりするので

結局は最初に行う全体的な目視を重視して判断する場合も多くあります。




ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp



 2019_12_24



以前、『時計史』 というタイトルのブログ内にも書きましたが、
1960年代からクオーツブームが到来しました。
その結果、時計=機械式が当たり前だったスイスの時計業界は大打撃。

ちょっと話が逸れますが、
20年前、スイスへ仕入れに行き始めた頃
時々、「日本がクオーツを作ったせいでスイスの時計業界が悲惨な目に遭った」と恨み節を言われたり、
「これ、要らないから持って帰れ」という言葉と共に
SEIKOのクオーツ時計を渡されたりすることがありました。

そんな扱いを受けていたクオーツ時計も
最近では「これ、直せない?」と頼まれるようになりましたが・・・

まぁ 兎に角クオーツブームは凄かったんだとか。
とはいえ、その当時を知らないと
一体どんな感じだったのか、イマイチ分からないですよね。

多くの人が知っているこのブランド。

IMG_3677.jpg

世界的に大人気で、知名度も高いブランドです。
時計にあまり興味のない人ですら知っているブランド銘なのではないかと・・・

前置きが長くなりましたが、この時計のお話。

IMG_1962.jpg

世の中は高度経済成長期の70年代のある日。
先代が現役バリバリだった頃、来店されたあるお客さんが
「SEIKOのクオーツ時計が欲しい」と言って
この時計を下取りとしてGrand SEIKOを購入されたそうです。

今現在では「購入するならSEIKOよりROLEX」という方が大多数でしょうから
ROLEXを下取りに出してクオーツを買うことは
滅多に無いのではないかと・・・

それくらい、当時のクオーツブームは凄かったんですって。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2019_12_12


表記

Category: 雑記  

時計の説明書をまじまじと見たこと、ありますか?

精度について書かれている箇所を見ると
クオーツ(電池)時計の場合は月差・年差と書いてあるけど
機械式時計の場合は日差と書かれてるって気付いてました???

一般的にクオーツ時計は機械式時計に比べて60倍の精度があると言われていますが、
機械式時計は何故1日に数秒もずれるのでしょうか。


機械式時計の精度で重要な部品と言えば、
ヒゲゼンマイとテンプです。

ヒゲゼンマイ1

この部分に常に充分なエネルギーが供給される(テンプが同じ速度で動く)ことで
機械式時計は時を刻んでいます。
その為、ゼンマイが解けてくると、テンプに十分なトルクが伝わらず、
テンプの動きが弱まって不安定な状態になり、精度が落ちるというわけです。

また、ヒゲゼンマイは温度の変化によって長さが伸び縮みし、
精度に影響が出ることがあります。
一般的に暑い所では伸びるので遅れ気味になり、
反対に寒い所では縮んで進み気味になると言われています。

ヒゲゼンマイは髪の毛よりも細い金属で作られており、

ロレ ヒゲ

金属の特性上、伸び縮みの現象は仕方が無いわけです。

その為、機械式時計の場合は月差・年差ではなく、日差という表記になっているんですよ。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2019_12_05


ショック

Category: 雑記  

時計は衝撃にとっても弱いんです。

これ、知らない方が多いみたいですけど・・・

アンティークウォッチを購入される方には説明をしているので
知っている方が割といるのですが、
特に現行時計を使っている人が知らない場合が結構多いんです。

その為、ゴルフだったり、テニスだったり、野球だったり、
時計を腕に着けたままスポーツを楽しんじゃう方が多くって

インパクトの瞬間に相当な衝撃を時計は受けているんですよ。
ちなみにゴルフボールがクラブに当たる衝撃は
なんと 1トン なんだとか。

1トンって・・・
凄い威力ですね。

落下のショックと同じです。

ZENITH4.jpg

アンティークウォッチにとって衝撃は大敵ですが、
現行時計にとっても同じ。
スポーツをする時は時計を外しましょうね


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2019_11_28




12  « 2020_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ダイワ時計店

Author:ダイワ時計店
有限会社 ダイワ時計店
神奈川県厚木市中町3-11-17
HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/
ショッピングHP:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/

月別アーカイブ

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




PAGE
TOP.