fc2ブログ

ダイワ時計店スタッフブログ

スタッフによる時計紹介・修理雑記

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

食堂車 

渡欧時、最近は国を跨いで移動する事が多くなり、
車移動が殆どで、電車移動する機会が減りましたが、
以前はスイス国内は電車移動をしていましたし、
時々、スイスからドイツやフランスへ行く事もありました。

スイスからミュンヘンへ向かう途中、
ほんのちょっとだけオーストリアに入国する瞬間があります。

こちらボーデン湖(Bodensee)

IMG_4109.jpg

コンスタンツ湖とも呼ばれており、
スイス・オーストリア・ドイツの3か国の国境に位置する湖です。

ボーデン湖の最寄り駅でスイッチバックをし、

IMG_4122.jpg

ドイツへ。

長距離移動の電車に乗ると食堂車が付いており、
たま~に車内で食べる事も。

スイスには1号車と2号車があり、
日本の新幹線でいうと1号車がグリーン席で、2号車が一般席。

IMG_4092_20240318085343945.jpg

1号車に乗ると注文した料理を席まで運んで来てもらえます。
ちょっとした贅沢ですよね。

こちら、馴染みのあるボロネーゼ。

IMG_4129.jpg

以前のブログにも書きましたが、
スイス国内でアルデンテに茹でられたパスタはほぼ食べられません。
イタリアンレストランでも殆どの場合 しっかり茹でられています。
スパゲッティなんてソフト麵並の柔らかさの場合もあるくらい。
スイス在住イタリア人のセラーさんと食事をする度に
毎回「スイスでは美味しいパスタは食べられない」と言ってたなぁ~

こちらはチリコンカン

IMG_4130.jpg

辛い味が苦手ですが、チリコンカンのちょっとスパイシーな味は好き。

料理だけでなく、調味料も持って来てくれます。

IMG_4135.jpg

食後のコーヒーと

IMG_4128_20240318085340c7e.jpg

スナック菓子も。

IMG_4136.jpg

至れり尽くせりです。
昔はスイスフランもお安かったし、
スイスパスもお手頃価格だったので良かったのですが、
ここ数年は・・・
それでも電車に乗る度に切符を購入すると割高になるので
スイスで鉄道旅をされる方達のとってはスイスパスはお薦めです。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:https://daiwatokeiten.com/
ダイワ時計店 facebook
ダイワ時計店 Instagram
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: スイス

[edit]

Posted on 2024/04/21 Sun. 11:00    TB: 0    CM: 0

Nordsee 

欧州滞在時、時々無性に魚介類を欲する事があります。
そんな時に有難いのがシーフードレストラン Nordsee

IMG_3190.jpg

ドイツのブレーメンが発祥で、創業は1896年なんだとか。

ファーストフードチェーンの1つで、駅の構内などでよく見かけるレストランです。

本当ならお刺身とか、ソテーとか、
出来ればサッパリ目な味のお料理が食べたいところですが、
そんな贅沢な事は言っていられません。

コッテリ目でも、シーフードなら有難い!

ってことで、お魚のフライと

IMG_3188.jpg

シーフードパエリア

IMG_3189.jpg

多分ね。
日本で食べたらそんなに美味しいとは・・・という感じですが、
魚介類を欲している体には充分。
スイスやドイツで食べると美味しく感じます。

あっ 
もし、現地でフライを挟んだサンドイッチを食べる際は気を付けて下さい。
パンがと~ても固い為、高確率で上顎を怪我しますから。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:https://daiwatokeiten.com/
ダイワ時計店 facebook
ダイワ時計店 Instagram
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: スイス

[edit]

Posted on 2024/03/17 Sun. 11:00    TB: 0    CM: 0

Heidi 

ご存じでしょうか?
数年前、スイスで『Mad Heidi』という映画が公開された事を。

多分、殆どの方が知らないのではないかと。

どんな映画なのかというと
皆さまご存じのあのハイジが血みどろの戦いを繰り広げるという内容です。

声が高くて、幼くて、可愛らしい声で話すハイジのイメージが
しっかりと頭にこびり付いている私にとって
と~ても声が低く、大人っぽい声でドイツ語を話すハイジを
スイスで初めて見た時もかなり衝撃的でしたが、

ハイジ

血みどろの戦いを繰り広げるハイジって・・・
全く想像が付きません。

そんなハイジですが、
去年、スイス人作家ヨハンナ・シュピリさんとハイジに関する資料が
ユネスコの世界記憶遺産に登録されました。

スイスのMaienfeidという街は
ハイジの世界感がそのまま広がっていると言われる場所で
ハイジ博物館やハイジの泉、

ハイジ1

ヤギ飼いペーターの家やアルムおじさんの山小屋などがあり、
1時間半程で周れるハイキングコースもあるそうです。
20数年間で何十回とスイスへ行っていますが、
未だに1度も訪れた事はありません。
何故なら、Maienfeidには知り合いも居なければ、時計も無いから。
仕入れ対象の時計が無い場所は行動範囲に含まれない為
多分今後も訪れることは無いのではないかと。
興味が無いわけではないんですけど、一応仕事で行ってるので・・・ね。

余談ですが、1枚目のアニメ画像はスイス滞在時にTV画面を撮ったものです。
(急いで撮ったので、かなりブレてますが)
以前にも書いたかと思いますが、
実はスイス国内ではアニメのハイジは放映されていません。
では何故スイスで見たのかというと
スイスでは隣国のテレビも見れる為
ドイツ国営テレビが放映していたハイジのアニメだから。
スイス国内では原作はとても親しまれていたそうですが、
日本のアニメ「アルプスの少女ハイジ」は
スイス人にとっては現実からかけ離れて美化され過ぎていて
原作を台無しにしたという評価なんだとか。
おまけにアニメではセントバーナード犬のヨーゼフが出てきますが、
原作では出てきません。
セントバーナード犬=スイスの典型的なイメージの1つと思われているのも
癪に障ったとか。

幼い頃、好きでよく見ていたアニメが
本国スイスでは低評価だったのかと思うと何だかショックですが、
実写化のハイジを観ると日本アニメ「アルプスの少女ハイジ」とは確かに違い、
「なるほどねぇ~」と思います。

血みどろの戦いを繰り広げるMad Heidiはどのように受け止められたんだろう?
もし観たの方が居たら、感想をお待ちしています。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:https://daiwatokeiten.com/
ダイワ時計店 facebook
ダイワ時計店 Instagram
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: スイス

[edit]

Posted on 2024/03/10 Sun. 11:00    TB: 0    CM: 0

斬新 

先週のブログでBed bug の話を書きましたが、
今回は思わず笑ったホテルの部屋のお話を。

一般的に『ツインルーム』と言ったら
どんな部屋を思い浮かべますか?

多分、こんな感じではないかと。

IMG_6030.jpg

シングルベットが2台、並んでいる部屋を思い浮かべるのではないでしょうか?

でも、世の中には予想外の配置の部屋があるんです。

スイスのとある街で滞在したホテルのツインルームがこちら。

IMG_3366_20230212103913769.jpg

部屋に入った瞬間、斬新過ぎて大爆笑

IMG_3367_20230212103910402.jpg

あまりにも面白くて、沢山写真を撮ってしまいました。

仕入れ時などの際、色々なホテルに宿泊していますが、
このベットの配置は流石に予想外。
細長い部屋を上手に使ったレイアウトですよね。

時々妙なホテルの部屋に出会いますが、
ベット配置の斬新さはこのホテルがダントツ1位。
多分、高級ホテルではこういう事は無いんでしょうけど、
お手頃ホテルでは結構いろ~んな予想外があります。
「えっ?!」と思う事や不便な事、時には酷い事もありますが、
長年の慣れで、そんな時でも面白がって楽しめるようになりました。


さて、2月14日(水)から出店しま~す。

GOOD OLD THINGS
期間:2月14日(水)~20日(火)
営業時間:午前10時~午後8時(最終日20日は午後6時まで)
場所:阪神百貨店 梅田本店 2階イベントスペース2
特設サイト:https://web.hh-online.jp/hanshin/contents/gim/gim04/detail/2024/02/good_old_things.html

関西圏の方、お時間がありましたらお立ち寄り下さい。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:https://daiwatokeiten.com/
ダイワ時計店 facebook
ダイワ時計店 Instagram
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: スイス

[edit]

Posted on 2024/02/11 Sun. 11:00    TB: 0    CM: 0

Longines 

以前のブログでLe LocleにあるWatch Museum of Le Locleについて書きましたが、
今回はLongines本社に併設されているLongines博物館のご紹介です。

Longinesの本社はSt-Imierというとても小さな町にあります。

SN3E0035_2023052211330881b.jpg

最寄り駅から見える唯一の大きな建物が
Longinesの本社と言っても間違いではないくらい
とても長閑な場所にポツンと建っています。

こちらのお方がアーネスト・フランシロン氏

SN3E0036_202305221133107fa.jpg

オーギュスト・アガシ氏の甥っ子さんで、
1854年にSt-Imierに拠点を構え、
ロンジンのロゴマークをこのマークにした方です。

SN3E0037.jpg

以前はかなりシンプルな博物館でしたが、
2012年にリニューアルされて展示物も増えた為、かなり見応えがあります。
博物館は予約制の為、行ってみたい方は下記のサイトから事前予約を。

https://www.longines.com/jp/universe/museum

St-Imierの駅にさえ辿り着ければ、
絶対に迷うことなくLonginesの本社に到着出来ます。
なにせ駅を出たら、一本道の坂道をま~すぐ下りて行くだけ。
どんなに方向音痴な方でも迷う心配も、Google Mapを見る必要も一切ありません。

そのくらいSt-Imierと言えばLonginesなので
Longines本社に郵便物を送る際、細かな住所を書かなくても
Longines St-Imierとだけ書けば届きます。
この話を聞いた時「本当に?」と思ったのですが、
実は実際にLongines St-Imierとだけ書いて送った事がありまして・・・
問題無く、きちんと届いていました。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:https://daiwatokeiten.com/
ダイワ時計店 facebook
ダイワ時計店 Instagram
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: スイス

[edit]

Posted on 2024/01/28 Sun. 11:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード