ゴング

Category: 時計紹介  

1676年、イギリス人のEdward Barlowさんによって発明された最初のRepeaterは
金属製のベルをいくつも使って作られて音を鳴らしていた為
コンパクトさとはほど遠く、置時計として作られました。

それから時を経た1783年、
Abraham-Louis Breguetさんが画期的な発明をしたわけです。

もちろん、Abraham-Louis Breguetさん、ご存知ですよね?
時計の歴史を200年早めたと言われているあの超有名時計師ブレゲさんです。

AbrahamLouisBreguet.jpg

ブレゲさんが1783年にリング状のゴングを発明したことによって小型化され、

P7271132.jpg

懐中時計に搭載されるようになりました。

で、今回ご紹介するのはルクルトムーブのミニッツリピーター。

AS48-1 - コピー

上品な銀無垢ケースに収められたとてもきれいな機械です。

P7271128.jpg


P7271116.jpg

複雑な機構のリピーターを作れる会社は限られていました。
有名どころはルクルトの他はル・ファーというメーカーがあります。

ちなみに、あのPPのリピーターはルクルトムーブを搭載していたんですよ。



ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
スポンサーサイト
 2017_08_18



以前、フランスのコレクターさんからパーツが送られてきたことがあったんですよ。
全く梱包されておらず、
大きな段ボール箱にパーツを突っ込んだ状態のまま送られてきた為
届いた頃にはグッチャグチャ・・・

どのくらいグチャグチャかというと、これくらい。

ネジ
http://watchserviceman.blog85.fc2.com/blog-entry-1167.html

興味がある方はその時のブログを読んでみて下さい。


特に箱中に散乱していた大量のネジは半年以上かけて仕分する羽目になり、
本当に大変で・・・
あまりに酷いので、届いた状態の写真を添付して彼にメールしましたよ。
「お願いだから、次回からはしっかりと梱包して 」って。

添付した写真を見て、どんな状態だったのか、分かってもらえたみたいで
それ以降、フランス人にしては珍しく?しっかり梱包をして送ってくれるようになりました


あっ ご心配無く
今でも仲良しで、フランスに行った時は必ず会い、とっても良くしてくれます。

そんな彼から届いたOMEGAのクロノグラフ。

P8101240.jpg


実はシルバーとガンメタの2種類を仕入れましたが、
1908年のポスターにも載っているガンメタケースの方は

omega1908.jpg

フランスから届いて早々嫁ぎ先が決まり、先日納品済み。


ということで、今回はシルバーケースをご紹介です。

AS-27.jpg
http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/ca8/1006/p-r-s/


ちなみに最初期型
懐中のムーブメントCal.19の輪列受け上に
薄い板を乗せてクロノグラフ機構を配列したオリジナルのムーブメントです。

AS27 (2)

その為、クロノユニットのネジは短いんです。
例えばクロノユニットで一番負荷が掛かるピラーホイールのネジもこんなに短い。

IMG_5493.jpg

ねっ 短いでしょ

このム-ブメントを基にしてダブルフェイスクロノタキメ-タ-が製造されたんですよ。

積分計は15分。
5分間まで色分けされていて、オシャレで視認性が抜群

P8081238.jpg

計算しないで、10.1/2㎞~250㎞まで測れますよ

ところで、10.1/2とはどのくらいの距離



ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2017_08_11


St-Imier

Category: 時計紹介  

St-Imierと言えば、Longinesの本社がある町で
駅からLonginesの社屋が見える以外、特に目立つ建物が見当たらないほど
とても牧歌的な小さな町ですが、
以前、この町にも時計学校がありました。

IMG_4184.jpg


当時の学生達も時計師になることを目指して
こんな風に技術習得の為にお勉強していたわけです。

IMG_4185.jpg

そんな彼らが卒業時に制作した時計はスクールウォッチと呼ばれ、
日本ではかなりの懐中コレクタ-でないと知らない分野ですが、
スイスではスクールウォッチだけのコレクターもいるし、専用の本もあるほど。

IMG_4182(3).jpg



1950年代、St.Imierの時計学校に通っていた生徒さんが
卒業制作品として作ったこのスクールウォッチには

AS33-1 - コピー

St.Imier Cal.ecole.43.6.5 というム-ブが搭載されています。
勿論、このム-ブも専門本に掲載されており、

IMG_4189.jpg

1920~1950年代まで、かなり長い間使用されていたそうです。

学生さんが制作したとはいえ、
ご覧の通り、細部にまできちんと手間を掛けた仕上げが施されており、
コート・ド・ジュネーブ仕上げに

P7251030.jpg

文字板側はペラルージュ仕上げ

AS33-5 - コピー

各パーツの角も

AS33-4 - コピー

手抜きなく、面取りがされています。

http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/ca8/1004/p-r-s/

メーカーでこれだけの仕上げをしたらかなりの高級品。

でも、生徒さん達にとっては一生を左右しかねない時計なので
金銭云々ではなく、時間をかけ、気合を入れて徹底的に仕上げています。


正真正銘1個だけしかない時計だし、
学校によって特色がそれぞれあるので
スクールウォッチだけをコレクションしたくなる気持ち、分かります



ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2017_08_04


Speedmaster

Category: 時計紹介  

OMEGAと言えば、やっぱり Speedmaster ですよね

1968 OMEGA SPEEDMASTER1


そして、Speedmaster と言えば、
Welcome to スピードマスター!? ですよね

Welcome to スピードマスター!? HP:http://speedmaster.style.coocan.jp/


Speedmaster ファンでこのサイトの存在を知らない方は居ないでしょう。
おじゃるさんにはアンティークウォッチを取り扱い始めて間もない頃から
色々とお世話になっています。


実は以前、 Speedmaster を使っておバカな実験 をしていました。

興味がある方は『インプレッション~スピードマスター編~』をご覧下さい。
http://www.daiwatokeiten.co.jp/impression/impression-osm/impression-osm.html


相変わらず体調がイマイチで、やる気も集中力も無い為
今回、スピマスの詳しい解説は放棄させて頂きたいと思います

ということで、Welcome to スピードマスター!? のサイトをご覧下さい。
ワタクシごときが説明するより
このサイトを一読頂ければ、Speedmaster に関して詳しく分かりますから


それにしても Speedmaster はここ数年で価格が高騰しましたよね。
おバカ実験していた頃なんて・・・
今思えば、なんともモッタイナイことをしていました


アポロ11号月面着陸記念初代限定モデルです。

P7251037.jpg

http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/ca8/1005/p-r-s/

通常のシーホースとは違い、
全世界限定版モデルを表す刻印が刻まれています。

AS64-3 - コピー


赤金メッキのムーブに

AS64-4 - コピー

ブレスも今となっては貴重なオリジナルのキャタピラブレス。
 
AS64-5 - コピー

ちなみに、ワンオーナー品です。

フルオリジナルの Speedmaster をお探しの方、お早めに



ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2017_07_28



「ブルースチール仕上げの針」って聞いたことあると思います。

現行の時計では、一部の高級時計にしか採用されていない美しい仕上げの針です。

以前のブロブにて「ブルースチール仕上げ」の加工方法を記事にしましたが、今回は針をUPにして写真を撮ってみました。
ブログ「針 ブルースチール仕上げ」URL:http://watchserviceman.blog85.fc2.com/blog-entry-1635.html



P7241015.jpg
ポーセリン文字板の白色がブルースチール針の美しさを際立たせます。
時計詳細:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/ca8/920/p1-r-s/


P7241019.jpg
デザインされている針もブルースチール仕上げでカッコ良さ倍増です。
時計詳細:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/ca2/459/p-r-s/


P7241023.jpg
腕時計ではブルースチール仕上げの針は少数派です。
時計詳細:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/ca9/949/p2-r-s/


P7241021.jpg
クロノグラフにブルースチール仕上げ針、カッコ良いです‼
時計詳細:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/ca8/991/p1-r8-s/

いかがですか?

ブルスチール仕上げの美しさやカッコ良さを比べるのもアンティークウォッチの楽しみの一つだと思います‼


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2017_07_25




07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ダイワ時計店

Author:ダイワ時計店
有限会社 ダイワ時計店
神奈川県厚木市中町3-11-17
HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/
ショッピングHP:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/

今週の時計

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




PAGE
TOP.