FC2ブログ

本日ご紹介するは、1934年頃製造の「ロンジン・Cal,12.68Z搭載」の手巻き時計です。
DSC02944.jpg

実はこの時計、08年10月にOHして商品として出していたのですが
最近ちょっと具合が悪く入院していました。
原因はキドメネジ(機械をケースに固定しているネジ)の脱落でした。
まあ、どうせだから再度OHをしてしまったのです。

ですので、お初のお披露目ではありませんが、
かなり機械や文字板・ケースのコンディションがよいので
ここで改めてご紹介させいて頂きます。

腕時計が一般に普及し始めたのが1910年代。それから約20年後の代物です。
機械は懐中時計の流れを汲み、シンプルながらも手抜きが無い。
特に裏輪列(文字板の裏側)や、
竜頭をパチパチ言わす裏押さえなんかは簡略化される前の構造。
こりゃ壊れ難いわ。
DSC02940.jpg DSC02939.jpg
この時期から10~20年後の一般的な時計の裏押えは、一枚の板で覆われて簡略化されていますが
さすがにしっかり作られている。

通常の文字板の足は2本。でもこいつは3本。
DSC02938.jpg
懐中時計では時々見かけますが、腕ではほとんど見たことがありません。

また、ケースに入れる時も懐中時計と同じ方法。
↓このデッパリを
DSC02942.jpg
DSC02943.jpg
↑ケースの溝に合わせて仕舞います。そしてキドメネジは一つ。

肝心の精度は、前回OHした時よりなぜだか良くなり、5姿勢の誤差が約15s/dぐらい。
アガキ&アオリの調整をしたのがよかったのかも・・・。

ところで、手前味噌で恐縮なんですが、過去に自分でOHした機械はとても綺麗。
ヒゲなんかもそんなに狂っていないのでそんなに手が掛かりません。
ですので、当店でOHした時計は、2回目からは2割引で承っております。
もちろんうちのアンティークウォッチは私たちで全てOH済みなので、
うちで購入された時計は20%OFFでOHを承ります。

スポンサーサイト



 2010_02_04




01  « 2010_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

プロフィール

ダイワ時計店

Author:ダイワ時計店
有限会社 ダイワ時計店
神奈川県厚木市中町3-11-17
HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/
ショッピングHP:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/

月別アーカイブ

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




PAGE
TOP.