fc2ブログ

ダイワ時計店スタッフブログ

スタッフによる時計紹介・修理雑記

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

ロレックス1601 Cal.1570 

本日ご紹介するのは、ウチでは珍く「ロレックス1601 Cal.1570」です。
昨日のブログにも書きましたが、
http://watchserviceman.blog85.fc2.com/blog-entry-225.html#comment
ロレックスでは一番良い機械「Cal.1570」を搭載した代物です。
R1601 (1) R1601.jpg

ケースは40年弱の歳月を感じさせますが一応仕上げをしましたが、深い傷はあえて取りきりませんでした。
というのは、「研磨=削る」ことなのでケースの形状が変わることがあります。
今回はそれを嫌い、サビだけを極力除去するに留めました。
R1601 (2) R1601 (3) R1601 (4)
R1601 (5) R1601 (6)

しかし、ロレックスがスゲー!!と思うのは、
40年前の個体でも風防、竜頭・チューブ・裏ブタパッキンを交換してあげればしっかり防水が効くこと。
今回は5気圧で検査しましたが難なくクリア。本当に大した時計です。
デザインも飽きの来ない「シンプル・イズ・ベスト」を地でいっていますし、いや、本当に大したモンです。

機械の精度もなかなかのもの。
DU+5s/d、12U-10s/d、3U±0s/d、6U±0s/d、9U±0s/dで、最大姿勢差約15s/d、
振り角は最大で約260°ぐらい。この機械の齢を考えたらたいした物です。

ケースの防水性が良いと機械の寿命も延びる典型的な例です。

日常使いでガンガンバリバリご使用下さい。

カテゴリ: 時計紹介

[edit]

Posted on 2010/03/16 Tue. 13:04    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード