fc2ブログ

ダイワ時計店スタッフブログ

スタッフによる時計紹介・修理雑記

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

ろ○っくす Cal.さんまるさんご 

明日から大阪は上本町の近鉄百貨店で開催される
「アンティークウォッチ&カメラフェア」に出店いたします。

今回は手下の安島君にメインを務めてもらい、私は16・15日とお手伝いに行きます。
お時間がある関西圏の方、もしよろしければ遊びにお越し下さい。

という訳で、最近は現行品のOHを主にやっております。
で、先日やったロレの3035の3番車のホゾ・・・
DSC04121.jpg DSC04120.jpg
ちょいと、いや、かなりピンボケですが相当やせております。

実は時計機械の輪列で、一番負荷が掛かるのは3番車。
また、2番車もこんな感じになり易い。

定期的にOHをしないとこのようになり、部品交換せざるを得なくなります。

が、しかし、昔の機械ではこんなに痩せる事は、皆無ではないけどあんまり無い。
まあ、当時は5振動が主で、輪列に掛かるトルクも柔かったのでしょうが、
先ずは材質が違うような気がしてなりません。

実際に硬度を測ったわけではありませんが、今の機械は華奢。
多分交換を前提に設計されているのか、またはコスト削減の為か
その真意は分かりませんが、これでよく「一生モノ」と言えるなと感心しております。

部品の供給が無くなったらどうするお積りなんですかね。
きっと、修理できませんと断るんでしょうね。
また、こんなにヤワじゃ、入れボソしても強度がどうだか・・・。

ちなみにこの機械は、丸穴車と角穴車の間にカナと誘導車があります。
このカナのダボはすぐに摩滅する。
摩滅すると竜頭でゼンマイを巻く際にカチカチ嫌な音がします。
まあ、このダボは旋盤で作って付け替えれば事は済みますが
ホンマに強度はどう思っているのかしら・・・ロレッ○スさん!
多分それもあってすぐに3100系に変えたんでしょうけれど。でもこの機械も華奢さは一緒。
ところで、ロレック○で、一番いいと私が思う機械は、1570等の1500系です。

現行の華奢さに引き換え、昔の時計はホンマに丈夫。
100年経ってもピンピンしている個体がゴロゴロしています。
多分、大切にすれば子々孫々まで伝えられる時計達じゃないでしょうか。

まあ、その頃までワタシャ生きていないので勝手な事を言えますが

カテゴリ: 時計修理

[edit]

Posted on 2010/07/14 Wed. 13:38    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード