fc2ブログ

ダイワ時計店スタッフブログ

スタッフによる時計紹介・修理雑記

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

アンティークオルゴール 

オルゴールの音色、お好きですか?

一般的にオルゴールとは
金属の櫛の歯を弾いて演奏する自動演奏楽器の事を指します。
オルゴールの語源はオランダ語でオルガンを表すORGELで
これが変化してオルゴールとなったと言われています。
但し、オルゴールで通用するのは日本のみで海外では通用しません。
(英語だとmusic boxとかmusical boxです)

オルゴールの歴史ですが、
中世ヨーロッパでは街の中心にある時計塔が時を知らせていました。
その時計にはカリヨンが取り付けられ、音程の違う数個のベルを使って音楽を奏でていました。
やがて自動的に演奏するカリヨンも現れ、
ゼンマイが発明されると時計の技術は飛躍的に進歩し、
時計が小型化したことでカリヨン付置時計や懐中時計が出来ました。

1796年、スイスの時計職人アントワーヌ・ファーブルは
ベルの代わりに金属片を用いたカリヨンを発明し、
ジュネーブ芸術協会に報告をしたのがオルゴールの誕生です。
調律した櫛の歯を発音体にすれば
限られたスペースにたくさんの櫛の歯を組み込むことが出来ることで
19世紀初頭から金属製の筒にピンを打ち込み、曲を記録させたシリンダー・オルゴールが
時計や工芸品に組み込まれ、裕福な階層の人々に愛されるようになりました。
シリンダー・オルゴールの最盛期は19世紀後半。
ジュネーブやサント・クロアでは
シリンダー・オルゴール産業が花開き、熟練した職人の手作業により
芸術品とも呼べる精巧なオルゴールが製作されました。
1885年、ドイツ人のパウル・ロッホマンがディスク・オルゴールの実用化に成功し、
金属の円盤ディスクに曲を記録させられるようになったことで
シリンダー・オルゴールよりも製造が容易になり、量産が可能になった為
短期間で欧米の人々に普及しました。
家庭用以外にもコインの投入口がある業務用ディスク・オルゴールが作られ、
酒場、レストラン、ホテルのロビーなどでも活躍します。
1900年前後に全盛を極めたディスク・オルゴールですが、
エジソンが発明した蓄音機が20世紀に入ると娯楽品として普及した為、
終焉は意外にも早く訪れました。
そして第一次世界大戦が始まる頃には多くのディスク・オルゴールメーカーが倒産したり、
別の業種に移行していきました。
長い月日が過ぎ去り、近年オルゴールを見直す動きが見られるようになってきてるそうです。

さてさて、オルゴールの専門家に訊いたところ
オルゴールで聴きたい曲がはっきり決まってる方にはシリンダー・オルゴールを、
アンティークオルゴールを購入したい方にはディスク・オルゴールがおススメだそうです。
アンティークウォッチ同様、奥が深いですよ♪

ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: 日常話

[edit]

Posted on 2013/04/19 Fri. 10:00    TB: --    CM: --

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード