fc2ブログ

ダイワ時計店スタッフブログ

スタッフによる時計紹介・修理雑記

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

ペラトン 

先日の松屋銀座で意外に人気だったのが
このIWCのペラトンの模型。

IMG_8326.jpg


結構多くの方に「いくら?」と訊かれました。

残念ながら、売り物ではないんです。
ワタクシの私物でして・・・
今後も売る気はま~ったくありませんので、あしからず



昔のIWCの自動巻きユニットです。

IMG_0677 (1)

1940年代~1950年代に
IWCの技術者だったアルバート・ペラン氏によって開発され、
彼に由来して通称 『ペラトン機構』 と言われています。


このパーツ、何かに似てると思いませんか?

そうです!
カタツムリに似てますよね。

かたつむり

その為、「カタツムリ」とも呼ばれたりします。



IWCならではの機構で、ローターの回転をハートカムに伝え、
ルビーのローラーと長短のコハゼにあるロッキングバーに動力を伝えて
ゼンマイを巻き上げる仕組みです。

実はこの機構はとっても巻き上げ効率が良いんです。
1960年台のクオーツショックの時に
一旦IWCは自社ムーブの生産を止めてしまいましたが、
2000年にペラトン式のCal.5000系のムーブを生産し、
今現在でもIWCのCal.5000系ではこの機構が搭載されています。


この時計もCal.8541B搭載のペラトン式自動巻きです。

AR-34.jpg

http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/ca8/919/p-r-s5/

ケースも文字板もコンディションが良いですよ





ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: 時計紹介

[edit]

Posted on 2016/09/11 Sun. 11:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード