fc2ブログ

ダイワ時計店スタッフブログ

スタッフによる時計紹介・修理雑記

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

商館時計 

時々、商館時計を見かけます。

明治時代、日本の貿易は『商館』と呼ばれる外国人商社に独占されており、
その商館が輸入した時計を商館時計と呼びます。
当時輸入されていた懐中時計の割合としては
スイス製が90%で、他にアメリカ製が5%、残り5%がフランス製やイギリス製だったんだとか。


1897年頃にはアメリカでは工場での生産が開始されていましたが、
スイスではそれぞれの時計工房が商館からの注文に応じて
1つ1つ製作をしており、
商館のマークが入っている時計を商館時計を呼びます。


神戸と横浜を拠点に明治36年まで営業していたBRUHL BROS&Coは
服部時計店の創業者 服部金太郎とも関係が深かい商館でした。

AR103-1 - コピー


当時、ステータスの証でもあった商館時計は
勿論、実用品でもありましたが、
「見せる時計」としての要素が強い為、
彫りなどは凝っているけど、ムーブは・・・という物が多いのですが、
1880年~1890年頃に作製されたこの商館時計は

AR103-3 - コピー

機械も凝ってて、商館時計としてはちょっと珍しいです。

http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/ca8/955/p-r-s/

それにしても120~130年前の懐中時計が
良いコンディションで残っているのって凄いですね。

一般的な商館時計ではちょっと物足りないという方、
この時計は良いですよ



ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: 時計紹介

[edit]

Posted on 2017/01/27 Fri. 11:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード