fc2ブログ

ダイワ時計店スタッフブログ

スタッフによる時計紹介・修理雑記

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

Watch Land 

オミクロン株という変異種が発生したせいで
また暫くの間、渡欧するのが無理になりました。
今思えば、規制が厳しくない時に「行っておけば良かった」と思いますが、
当時は「もう少ししたら落ち着くだろう」と思っており、
先延ばしにした結果、まさか2年間も行けなくなるとは。

最近、スイスから悲しい知らせがいくつか届きました。
その中でも兎に角ショックだったのは
スイスへ仕入れに行き始めた22年前からお世話になっていた方が亡くなったという知らせ。

22年前の私達は、普通の街中の時計屋から
アンティークウォッチの取り扱い&修理にシフトチェンジしようとしていた時期でした。
とはいえ、アンティーク業界に知り合いが1人もおらず、
アンティークウォッチを仕入れるには何処へ行き、どうしたら仕入れられるかすら分からない状況で・・・

取り敢えず、本屋さんで時計雑誌を買い込み、
雑誌の中で紹介されていたスイスの時計屋さんの住所を書きうつしたメモだけを持って渡欧したのが22年前でした。

その当時はスマホもGoogle Mapも無かったので
ホテルで地図を貰い、書きうつしてきた時計屋さんの住所から場所を調べて訪問したり、
トラムに乗って移動しながら外を見て、時計屋さんやアンティークショップを見つける度に
急いで降りて訪問するという地道な事をしていました。

そんな中、初めてNeuchatelという街を訪れた際、
街中を散策中に見つけたのがこのお店。

IMG_7205.jpg

当時は違う場所にあったのですが、お店の名前も店主さんも同じ。
初めて仕入れの為に渡欧し、初めて時計を仕入れたのがこのお店でした。
それ以来、スイスを訪れた際には必ず立ち寄り、
店主さんとお喋りしたり、お薦めのイタリアンカフェで珈琲を飲んだり、食事をしたり・・・

IMG_3661.jpg

元々はNeuchatel大学の教授で、その後アンティークショップを経営するようになったそうです。
いつも温かく迎えてくれて、店番を任されるほど信用してくれて
22年間、本当に親切にしてもらい、お世話になりました。

丁度2年前に会った際
お土産のチョコを手渡されながら「これが最後のプレゼントになるかもしれない」と言われ、
病気の事を伝えられました。
「必ず会いに来るから、頑張って」と伝えると「待ってるよ」と言ってくれて。
でも、その直後 世界中で新型コロナウィルスが流行し、
そのせいで2年間渡欧出来なくなり、時々連絡は取りつつも、
約束が果たせないまま、お別れする事になりました。

最後のメールは2週間ほど前
「近々、クリスマスプレゼントを送ります」というメールに対して
「今日は少し痛みが和らいでいる。ありがとう。待ってる」という短い返事で
彼が大好きだった栗入りカステラを買いに行く予定だった日の朝、彼の訃報を知りました。

実は10年前の東日本大震災の際にも彼には本当にお世話になったんです。
もう感謝しきれないほど・・・
話が長くなるので今回は割愛しますが、
本当にお世話になり、長くお付き合いさせて頂いていたので、
もうショックでしかなくって。

もう少し気持ちの整理がついたら、その時の話を書かせて頂こうと思います。

ちなみに、彼のお店を初めて訪問した際、時計を3本仕入れました。
その内の1本は今も私の手元にあり、私の愛用時計となっています。


ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: スイス

[edit]

Posted on 2021/12/05 Sun. 11:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード