fc2ブログ

ダイワ時計店スタッフブログ

スタッフによる時計紹介・修理雑記

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

石数 

機械式時計には『石』が使われており、

9242988d-6d25-4344-85c4-8e73dbb00cc1.jpg

使われている石数により、
『〇〇石数』とか『〇〇JEWELS』と表記されます。

石とはこれの事です。

5917d39a-04c1-4e4f-91f7-326e14e352b4.jpg

何故、石が必要かご存じですか?

機械式の場合、下記の図のように地板を基盤として
歯車・テンプなどを受けが上から挟んで固定しています。

受け石と穴石(SEIKOより)

軸は上下で地板や受けに接しながら回転運動や往復運動をする為
軸が接する部分には磨耗で精度が落ちたり、故障しない事が必須となり、
軸受けとして『石』が必要になるわけです。

受け石、ガンギ車やテンプの軸周りの穴石、アンクル爪や振り石に使われており、
磨耗や摩擦抵抗の少ない硬い人工ルビーやサファイヤ、ダイヤモンドが使用されています。

一般的に15石以上あれば問題無しですが、
アンティークウォッチのなかには7石というムーブもあります。
当時はそれでも充分高級時計だったんですけどね。

クロノグラフやリピーターなどの複雑時計や高級ムーブメントになると石数が増え、
20石以上使われます。
3針のムーブで実質的に意味がある石数は23石と言われていますが、
Grand Seikoのハイビートでは37石使われてるそうですよ。

ちなみに昔は100石以上使用しているムーブメントもありました。
多石競争で石数が多ければ多いほど、高級時計とされていた時代でした。
殆どの石は無意味ですが、
高級感が増して華やかな見た目になるという意味での飾り石です。

石数が多けりゃ良いってものではないという事です。

ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

カテゴリ: 時計修理

[edit]

Posted on 2023/03/06 Mon. 11:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード