A. Lange & Söhne

Category: 時計紹介  

現行品と違って、今作られているものではないアンティークウォッチは
当然のことながら年々状態の良い物が少なくなる一方です。

一般的に、懐中時計を下に見ている方もいらっしゃいますが、
枯渇傾向なのはなにも腕時計だけでなく、懐中時計も一緒
それぞれにコレクターが世界中にいて
珍しい物、コンディションの良い物を奪い合ってるわけです。

そりゃぁ 品薄にもなるし、価格も高騰するってもんです。
残念ながら・・・  

数年前、Munichのフェアでもそれなりにあった箱付き&ペーパー付きのA. Lange & Söhne
近年めっきり数が減り、
コンディションが良いハイグレードとなると更に・・・って感じです。


ご存知、ドイツ時計のブランドの1つのA. Lange & Söhne

ALange Söhne

創始者アドルフ・ランゲは

ランゲさん

両親の離婚によって知り合いの商家に引き取られ、
ドレスデンの技術学校に通う傍ら
ドレスデンに工房を構えていた時計師ヨハン・クリスティアン・フリードリッヒ・グートケスの元で
時計製作の見習いとして働き始め、後にグートケスの共同経営者となりました。

当時、時計生産の中心だったスイスやイギリスに対抗する為に
グラスヒュッテの地域振興を目的とした事業計画書をザクセン政府に送り、
1845年、承認を得てA. Lange Dresdenを創設しました。
1868年には息子のリヒャルトが共同経営者となり、工房名もA. Lange & Söhneに変更。

その後、第2次世界大戦が終わる前夜、本社屋が崩壊され、
1948年の共産化による接収によって社名が消滅するなど
幾多の苦難に見舞われますが、
2001年12月7日、復活を果たしたA. Lange & Söhne はある意味ちょっと珍しい歴史を持つメーカーです。

そのA. Lange & Söhneのアンティークウオッチの中で最上級品として名高い1A

P5250297.jpg


勿論、オリジナルボックスも

P5250338.jpg

ペーパーも

IMG_3847.jpg

補修用のガラスも付いていて

P5250356.jpg

フルオリジナルです。

IMG_3848.jpg


ドイツに仕入に行けば、結構簡単に見つかると思っている方、いませんか?
確かに数が少ないとはいえ、見つかります。
でも、文字板もケースもムーブも全てのコンディションが良く、
付属品もフルオリジナルで揃っている物は
あまり見かけませんし、あったとしても相当高価です。

なにせ、ドイツ人にとって自慢のナショナルカンパニーですからね。
ネット等で見かける物は実際に実物を見ると
何かしら瑕疵がある事が多いですし・・・

仕入先で出会った時
思わず「おぉ~」と声が出た逸品でした



ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
スポンサーサイト

 2017_06_23


Comments

何年ですか 

復活したのは  URL   2017-06-25 20:50  

 

1990年にIWCの支援の下、A.ランゲ&ゾーネの再登記と商標登録されています。
 URL   2017-06-26 18:22  

 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ダイワ時計店

Author:ダイワ時計店
有限会社 ダイワ時計店
神奈川県厚木市中町3-11-17
HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/
ショッピングHP:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/

今週の時計

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




PAGE
TOP.