FC2ブログ

インディペンデント・セコンドとは

Category: 時計ムーブ  

クロノグラフの原型と言いわれるのが1700年代に登場した「デッドセコンド」と「インディペンデントセコンド」です。

「インディペンデントセコンド」は独立秒針とも言われ、通常の時計の輪列とは別に、秒針を駆動するための独立した香箱・輪列を持った複雑時計になります。
秒針がステップ運針するのが特徴で、1秒1ステップ運針で現代のクオーツ時計の秒針のような動きになります。

秒あるいは秒以下の時間を表示する機構は1720年、ジョージ・グラハムにより1秒を4分割して表示する機構を開発しました。

輪列の歯車に直接秒針が取り付けられるようになるのは18世紀後半になってからです。
この頃になると、時間を計測するために秒針だけを止められる機構が模索され始めます。

まずは秒針の動きを1秒毎に止める機構が生まれました。それが1754年にフランスのジャン・ロミリーが発明した「デッド・セコンド」です。

この機構はセンターセコンド針が1秒毎にジャンプします。

そして1776年、ジュネーブのジャン‐モイズ・プーゼ が「インディペンデント・セコンド」機構を開発しました。

P5014026.jpg
(右側香箱・輪列がデッドセコンド用、左側香箱・輪列が時刻用になります)

これは時間を表示する輪列とは別に秒針駆動用の輪列を持ち、秒針の動きだけを任意にスタート/ストップさせられる機構です。(リセット無し)

P5014032.jpg
(ケース横のつまみをスライドさせることによりストップ/スタートを行う)
デットセコンドとインディペンデントセコンドの違いは、独立した香箱・輪列を持ちスタート/ストップが任意に出来るかどうかです。

しかしこの機構では秒針のリセットが出来ないため、時間を計測するにはスタートした時間を覚えておかなければいけませんでした。

1800年代になるとリセット機構が発明され、スタート/ストップ/リセットがあるクロノグラフが誕生します。

現在販売されているブレゲ「Tradition 7097」もインティペンデント・セコンドの流れをくむクロノグラフになります。




ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html 
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/  
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp



スポンサーサイト

 2018_05_04


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ダイワ時計店

Author:ダイワ時計店
有限会社 ダイワ時計店
神奈川県厚木市中町3-11-17
HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/
ショッピングHP:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




PAGE
TOP.