ヒゲ受け・ヒゲ棒

Category: 時計修理  

先日OHしたロンジンのCal,12.92のヒゲが、何でなったかは分かりませんが
外端から2枚目がヒゲ棒に当りえらく進む症状でした。
しかもヒゲが片寄っていて、中心を出そうとしてもヒゲ棒に当り無理な状態。

以前、うちの安島君がてこずったのと同じ。
http://watchman888.blog133.fc2.com/blog-entry-8.html

で、彼がやった事を参考にして
ヒゲ受けを摺って縮め、かつヒゲ棒を曲げてヒゲゼンマイの逃げを作ってやりました。

その作業の途中、ヒゲ棒を折ってしまい新たに作製しました。
しかし、かなりの細さ。
手持ちのタガネでは太すぎて、折れた残りを排出できないので
要らないタガネの先端を0.15mm位に旋盤で引いて作りました。。
DSC04227.jpg
右のドライバーは一番細い物で約0.6mm。

ちなみにこのタガネ、ベルジョン製なのですがかなり軟い。
まあ、部品に傷付けないように硬くしていないのだろうけど、すぐに傷む。
特にここまで細くすると強度が全然なく、使い物にならないので焼入れ焼戻しで補強。

こうして出来上がった道具で、緩急針に折れ残ったヒゲ棒の残骸を叩き出しました。

次に真鍮を0.2mm程度の細さに削り、
緩急針に叩き込む前にヒゲ受け側を平面に摺り、
セッティングした後に逆の面(ヒゲ側)を平面にし、クセつけて完成。
DSC04226.jpg
(左がヒゲ棒、右がヒゲ受け)

これで組上げた結果、5姿勢での最大誤差が約35s/d。
満足できる精度でした。

修理が上手くできたのも嬉しくて満足なのですが、
今回はそれ以上に安島君の成長に感激。
私が思いつかなかった方法を、彼が気付いて実践し成功させた事。
彼の成長が心底嬉しいです。
スポンサーサイト

 2010_08_01


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ダイワ時計店

Author:ダイワ時計店
有限会社 ダイワ時計店
神奈川県厚木市中町3-11-17
HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/
ショッピングHP:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/

今週の時計

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




PAGE
TOP.