クオーツ その3

Category: 時計修理  

クオーツの機械は、ご存知のとおりパルス信号を発信し、それをコイルに伝え
ステップローターを取り囲む板にN極・S極の磁場を交互に発生させローターを駆動させます。
作動原理は電動モーターと同じです。
パルスを発信する部品を「回路」といい、この中に水晶(クオーツ)・集積回路が納められております。

機械汚れの他の故障原因としては、上記の回路・コイルの電気ユニットの不調があります。

今までの経験上、回路ユニットの不具合は多少ありましたが、問題はコイル。
かなり細い銅線を使っているので、ドライバーやピンセット等の硬い物でちょっと当るとすぐ切れる。

コイル補修の接着剤の様な物もありますが
これで補修すると消費電流がかなり上がり電池がすぐに切れます。
また、コイルを巻き直す方もいらっしゃるという噂を聞いたことがありますが私には出来ません。

ですので、電気ユニットの不具合の場合は部品交換がベスト。
しかし問題は古い機械だと交換部品が無く修理不可能になる場合が多いです。

機械式は構造が簡単なだけに何とか直すことが出来ますが
クオーツの電気ユニットは私にとってはお手上げです。

PCもそうですが、歯車が使われていない物は苦手です
スポンサーサイト

 2009_08_07


Comments

コイル直し 

過去、何度かコイルの完全巻き戻しと巻上げ後に半田付けで直しましたが時間が掛り過ぎの為、専用の器具を考案中です。

販売中止が多い為、絶対に必要となっています。
独学の個人趣味ですが、先日はポンス台に取付けるマイクロメーターを完成させました。
ヒロ  URL   2010-03-24 12:14  

 

あのコイルを巻き戻し&巻上げされ、しかもポン台を加工なさるるなんて尊敬しますe-466
とけいや  URL   2010-03-24 18:05  

2度目のコメントです 

クオーツコイルについての2度目のこめんとです。
ポンス台は過去に5~6台製作しましたが、マイクロメーターは今回が初めてです。
コイルの自動巻き戻し巻き上げ器はある程度は考えましたが、なかなか良いアイデアが浮かんできません。
市販の時計いじり道具はどうもしっくりきませんので、自分なりに考案自作することにしています。
現在はねじ切りタップやダイスの加工に取り組んでいます。

趣味人としてホームページも作っている最中ですので覗いてみてください。
http://homepage2.nifty.com/h-mto です。




松尾 宏  URL   2010-04-20 13:22  

 

「時計いじり独学研究会」を拝見しました。
すごいですね・・・。脱帽です。
今後の参考にさせていただきます。ありがとうございました。
とけいや  URL   2010-04-22 18:10  

 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ダイワ時計店

Author:ダイワ時計店
有限会社 ダイワ時計店
神奈川県厚木市中町3-11-17
HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/
ショッピングHP:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/

今週の時計

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




PAGE
TOP.