マリンクロノメーター風

Category: 時計紹介  

一昨日、昨日と引っ張ってきたクロノメーター脱進器搭載の時計のお披露目です。

「マリンクロノメーター風卓上時計」と勝手に命名しました。
マリクロ (5)

おそらく、推測ですが、ケースの造りなんかを見ると後で合わせたか
もしくは元のやつを改造したかも知れません。

また、大した機械なのに装飾は施されていません。
穴石には自然石特有のインクルージョンがあり、
また昔の高級機械の構造を踏襲しているので
機械自体はおそらく19世紀中頃から後半ぐらいだと思います。

先ずは機械をご覧下さい。
マリクロ マリクロ (1)
何の装飾も無く極めてシンプル。

ゼンマイはケース横の穴から碇型の鍵で巻きます。
マリクロ (4) マリクロ (8)

時刻は裏ブタに開いている穴から合わせます。
マリクロ (9)

どんな姿勢でも文字盤が上になるような工夫がされています。
マリクロ (6) マリクロ (7)

その秘密はベゼル外周にあるリングを2本ネジで留め、
更にそのリングからベゼルを2本ネジで留めて、
なおかつ、裏ブタやケースの内側に鉛で錘をつけ向きの調整をしております。
マリクロ (2) マリクロ (3)

シャレているでしょ!
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記    ジャンル : 日記
 2009_08_19


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ダイワ時計店

Author:ダイワ時計店
有限会社 ダイワ時計店
神奈川県厚木市中町3-11-17
HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/
ショッピングHP:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/

今週の時計

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




PAGE
TOP.