今回はクロノグラフのプッシュボタン部分のお掃除です。

プッシュボタンといえば、汚れがたまりやすくて錆びてしまうのはパイプ部分です。

基本はプッシュボタンの頭部分を取り外しサビや汚れを落としていきますが、

取り外しができない構造や取り外すことにより破損の恐れがある場合は取らずに掃除をします。

P4112131.jpg
今回は古いオメガ スピードマスターPROです。

P4112139.jpg
パイプ部分が汚れています、超音波洗浄機のみの洗浄では綺麗になりません。

P4112147.jpg
掃除道具です。実は特殊な道具はいりません。
今回は、絹糸と研磨剤です。

P4112149.jpg
糸に研磨剤を付けて地道に磨きます。

P4112141.jpg
かなり綺麗になりました。

お掃除は基本、オーバーホール修理と一緒に行いますので、気になる方はお問い合わせください。



ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp

 2017_04_11



マリンクロノメーターのOHをしました。

IMG_0813.jpg


構造的には各部品がデカいので、老眼に優しい修理です

IMG_0807 (1)



この時計は鎖引きの構造で

IMG_0809.jpg

富士山のような山の形のフュージーという車に

IMG_0810 (1)

鎖を巻きつけて駆動します。

IMG_0811.jpg



で、このフュージーを分解したのがこれ。

IMG_0803 (1)


ちなみに、こいつはパワーリザーブ付き。

IMG_0812(2).jpg

上のデカい歯車にインジケーターの針が着きます。
このデカい歯車に動力を伝えるのが香箱真にくっついているカナ。
ゼンマイが解ける力をダイレクトに伝えているんですね。


バラバラにした図。

IMG_0815.jpg

何故だか色々な箇所がザビておりました。

特に鎖の錆びが本当に酷過ぎて、可動部分が全然動かない・・・

その為、色々な液体に暫く浸け置きしたりなど、
色々と工夫して錆を分解して、動きを滑らかにしました。

錆取り作業に数時間費やした結果、
指がえらく痛くなり、その日は指先に力が全く入らなくなりました。


ゼンマイは鍵巻きで

IMG_2224.jpg

ひっくり返して左巻きに巻きます。


そして、実測でランニングテスト。

IMG_2319.jpg

緩急真が無いので、チラネジを締めたり緩めたりし、数日かけて歩度調整。
結果、+2秒位で快調です

多分、お客さんにも喜んでもらえるんじゃないかと妄想しています




ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2017_04_10



あれから1週間。

旋盤フル稼働で次々と天真を作り続けて

IMG_2192.jpg

無事に全て作製し終わりました
 
天真5本


天真作製中の手元ってこんな感じです。

IMG_2193.jpg


1本作り終わった後の旋盤周りは金属クズだらけ

IMG_2170.jpg


ちなみにこれ、どんな状態なのか分かります?

IMG_2194.jpg

天真の片側だけ作製し終わった時点で閉店時間になったので

先端が曲がらないようにロディコで保護しているんですよ。


まぁ そんなこんなで天真の作製が終わったので

分解修理に取りかかり始め、

IMG_2168.jpg

只今、2個目の分解修理中です。

4本がアメリカ懐中で、

IMG_2190.jpg

1本がスイス懐中

スイス懐中

どれも良い機械を搭載している懐中時計です。

IMG_2191.jpg

初めて見る構造の機械もあり、ちょっとテンションが上がります

IMG_2146.jpg

コンディションが良い状態とは言えないのが本当に残念

でも、それを直すのが腕の見せ所

かなり手間がかかるので苦戦はしてますが





ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2017_04_05



今回もガラス交換です。

P4042119.jpg

前回は腕時計で角型のガラスでしたが、今回は懐中時計で丸型になります。


修理の懐中時計はアンティークなので、純正部品はすでにありません。

P4042121.jpg  P4042123.jpg

合わせでの交換になりますが、比較的平らなガラスで丁度良いサイズがなかった為、
今回も手削りで調整します。


やり方は角型と同じですが、丸形は少しでも楕円形になってしまうと隙間が出来てしまうので

P4042125.jpg

何度も確認をし、少しずつ削っていきます。

削っているところもお見せしたいのですが、企業秘密ってことでお願いします。

丸形に削るのは大変難しいので失敗することもありますが、
今回は一回目でみったりサイズに仕上がりました。

P4042129.jpg  P4042127.jpg

あとはベゼルに固定し完成です。




ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2017_04_04


巻き真

Category: 時計修理  

都心では満開を迎えてお花見に丁度良い頃合いのようですが、
厚木は満開になるまではもう少しという感じです。

でも、桜って1輪咲き始めるとあっという間なんですね。
金曜日に見た時はまだ蕾でしたが、
近所の公園の桜も日に日に咲いている桜が多くなってきました。

IMG_2208.jpg

満開になるのは週末頃かな?



部品作製の修理続きで、最近は旋盤がフル稼働状態です。

今回は巻き真の作製中。
旋盤を使って金属の棒から削り出した後、
ヤスリを使って

IMG_0123.jpg


こんな感じに巻き真の角を作っています。

IMG_0124.jpg


少しずつ削りながら形を整えます。

IMG_0125.jpg


改めて、地味な作業の連続だなぁ~と
写真を撮りながら思うのですが、
修理師達にとっては作った部品の出来に満足した時や
汚れや錆を綺麗に取り除いてOHした時計が
ブンブン元気にテンプが振って精度が出てくれるととっても嬉しいんですって




ダイワ時計店HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/index.html
ショッピングサイト:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/
ダイワ時計店facebook
お問い合わせ info@daiwatokeiten.co.jp
 2017_04_03




03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ダイワ時計店

Author:ダイワ時計店
有限会社 ダイワ時計店
神奈川県厚木市中町3-11-17
HP:http://www.daiwatokeiten.co.jp/
ショッピングHP:http://daiwatokeiten1.cart.fc2.com/

今週の時計

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます。

FC2ブックマーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




PAGE
TOP.